さくらのクラウドのロードバランサー設定

少々はまったのでメモ。

さくらのクラウドに限らず、DSR構成のロードバランサーなら同じ事だと思うんだけど。

基本的には、公式マニュアルの

http://support.sakura.ad.jp/manual/cloud/basic/loadbalancer.html

の通りでよい。

しかし、文章の解釈の仕方によっては、はまる。

今回、私は構成例2で臨んだのだが、基本は構成例1と一緒。

はまった点は、STEP3の、

DSR構成でのロードバランシング動作が行われるように、サーバ側でのネットワーク設定が必要となります。
設定手順や設定項目については、一般的なDSR構成ロードバランサ導入時と同様です。
※ 設定は全てのサーバに適用する必要があります

の記述。

全ての、と書いてあるから、馬鹿正直に、構成例2でいうところの192.168.1.1にまで、内容を理解しないままループバックの設定を行ってしまったのである。

そして、一生懸命192.168.1.10にDBアクセスしようとしたのだが、全く通らない。

当たり前だ、自分自身にアクセスしようとしてるのだから。

結論から言うと、この設定は、LB支配下になる192.168.1.3と192.168.1.4のサーバーのみに設定すればよろしい。

もし、はまった後に192.168.1.1の設定を削除してもダメな場合は、

arp -d 192.168.1.10

をコンソールから打ち込んでみるといい。(IPは実際のロードバランサーの仮想IPアドレスにして)

素人丸出しの記事だけど、いかんせん私はPGであってSIerじゃないので・・・。

【送料無料】CentOS 6サーバー [ 辻秀典 ]

【送料無料】CentOS 6サーバー [ 辻秀典 ]
価格:3,150円(税5%込、送料込)