HDL2-A2.0

今まで、古いノートPCで使ってた500GBの2.5インチHDDを外付けHDDケースをかまして、気が向いたらWindowsバックアップで、VHDでバックアップしてました。

最近この外付けHDDがハングアップしてしまう事が増えたので、ちゃんとしたのを買うことに。

そこで選んだのがHDL2-A2.0です。

選んだポイントは、

・従来のものより高速を謳ってる

・RAID1を組める

・USBホスト機能を持っていて、うちにある古い複合プリンタ(PM-A890)を無線で繋げるように出来る

です。

メーカーの直販サイトでわけあり価格で安く売ってたので、タイミングが良いと購入しました。

もしかしたら新製品が出るのかもしれませんけどね・・・。

さて、実際の使用感です。

セットアップですが、無線LANルータの空きLANポートに接続すると、すぐにネットワーク内にメディア機器としてLANDISKが出てきます。

そのアイコンをダブルクリックすると、ブラウザが開いて、管理用ログイン画面になります。設定は全てここから行えました。

一番最初はパスワード欄を空にしたままでログインできました。

マニュアルに書いてある設定ツールみたいなのは使わなくても大丈夫でした。

うちに届いたものはファームウェアが最新ではなかったので、最新にしました。最新があるかどうかは管理画面で教えてくれますが、自動でアップデートしたり、オンラインアップデートとかは出来ません。自分でメーカーサイトからダウンロードしてくる必要があります。

書き込み速度ですが、Windowsバックアップでシステムイメージを書き込んでいる時に、Network Meterというデスクトップガジェットでアクセス速度を監視していると、30~35MB/sくらい出ています。

今までの外付けHDDよりは速いけど、1000MBpsで繋いでると思うとちょっと遅いかも。でもRAID0ではないので仕方ないというところか。

少なくとも、古いAthlonXPのPCにFreeNASを入れて試した時よりは何倍も速いので満足です。

ちなみに、VAIO–GigabitLAN–無線LANルータのハブ–HDL2-A2.0って繋いでるので、直結すればもっと速いのかも。

ただそれだと運用が面倒なので、このままで使う事にします。

とりあえず3日くらい動かしっぱなしですが、本体はほんのり温かいかな? 程度です。

動作音はそれなりにします。ガリガリうるさいです。図書館で使ってはいけません。

まとめると、満足度は大変高いです。

それなりに高速で多機能なNASが欲しい場合はおすすめですね。